Apple Watchのバンド色々持ってるので紹介します。

ガジェット・家電

Apple Watch(アップルウォッチ)は純正のバンドはもちろん、サードパーティ製のバンドも豊富に発売されているので、バンドを付け替えて遊ぶという楽しみ方があります。
私はサードパーティ製のバンドを(安いからと言って)たくさん買ったので、それぞれの特徴などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

マジックテープ式のスポーツループ

ATUP
¥1,399 (2021/10/26 14:06:55時点 Amazon調べ-詳細)
画像1

着脱が簡単で、ベルト自体も軽くて
一番お手軽だと思います。
また、布製なので洗濯機で洗濯できるところも気に入っています。
ただ、マジックテープ式なので長袖を着る時は引っかかる恐れがあります。

シリコン製のスポーツバンド

No Lee's
¥950 (2021/10/26 14:06:49時点 Amazon調べ-詳細)
画像2

こちらもメジャーですね。
シリコン(多分?)の柔らかいベルトです。
個人的には着脱が片手でやりづらいです。
シリコンなので水に濡れても大丈夫です。
レジャーやスポーツなどのアウトドアに向いています。
濃い色のものは埃などがつくと目立ちやすいかもしれません。

画像3

複数の色を買って、バイカラーっぽく上下で違う色を組み合わせて使うのも面白くて良いですよ。

レザー調のベルト(レザーバンド)

画像4

時計のベルトによくあるレザー調のタイプ
こちらは着脱しやすいです。
フォーマルシーンやかっちりしたい時におすすめです。私は長袖の時にスポーツループだとマジックテープが付いてしまうので、冬はこのレザーベルトを使うことが多かったです。

金属製のミラネーゼループ

BRG
¥1,299 (2021/10/26 14:06:51時点 Amazon調べ-詳細)
画像5

ミラネーゼループはこのように金属の繊維が網目状になっていてマグネットで留めるようになっています。
マグネットなので外れないか心配でしたが、外れたことはありません。
しかし私が買ったものは一番小さい手首幅でつけても少し大きくて不安定だったのでマグネットの重みのせいもあってぐらついてしまいました。
手首の太さがフィットする人にとっては見た目も可愛くてすっきりするのでおすすめです。フィットしてしまうとマグネットの重みは感じません。

ベルトをDIYしてみる

Apple Watch用の金具パーツを買って好きなベルトにDIYすることもできます。

画像6
画像7

私は昔に友達がGETしてくれた仮面ライダーの時計のベルトをApple Watch用にDIYしました。気に入っていた時計なので処分したくなかったし、かと言って使わないしと迷っていたところだったのでこの方法で使うことができて良かったです。
付け替え方は通常の時計のベルト交換と同様です。
この方法なら、今まで気に入って使っていた時計のベルトだけApple Watchに移植してこれからも使うなんてこともできますよ。

以上、私のApple Watchベルトについての感想&紹介でした。
Youtubeでも紹介していますので、着用しているところを映像で見てみたい方は是非ご覧ください。
紹介した商品はAmazonリンクと楽天ROOMに掲載していますので参考にどうぞ。
楽天ROOMはこちら

こちらも是非

コメント

タイトルとURLをコピーしました