2019年買ってよかったもの ガジェット編

買ってよかったもの

Apple Watch

– 時計として
– 財布として
– 歩数計
– 睡眠記録
– 通知

主にこう言う使い方をしています。
一番利用するのは財布として、アップルペイの使用です。
財布を出さずに決済ができるのはとても便利です。一度味わってしまうと、今まで簡単と思っていたスマホ決済ですらスマホを取り出すのが面倒だと思ってしまいます。
あとは、想定していなかった楽しみ方として「ベルトを替える」ことです。
Apple Watchはスマートウォッチの中でもメジャーなのでアマゾンなどで対応の付け替え用ベルトがたくさん販売されています。
おしゃれな人、自慢したい人、会話のネタにも困らないのでとてもオススメです。
series3は現在約2万円なので手が届きやすいですよ。

GoogleHome グーグルホーム

スマートスピーカーって興味あるけど高価だし・・と手を出さずにいたのですが、中古で2,980円で買えました!安い!
正直何ができるのか、Siriとの違いもよくわからなかったぐらいです。

調べてみると奥が深いもので今では帰宅時に一声で部屋の照明とヒーターをつけてくれたり、朝の忙しい身支度中にラジオや天気予報を聞いたりして便利に活用しています。

ハンズフリーできけるラジオという部分だけだとしても十分に買った価値があると思えました。興味がある人、迷っている人は安く買える店で試しに買ってみることをお勧めします。
興味がある人、迷っている人は安く買える店で試しに買ってみることをお勧めします。

USBアダプタ4口

旅行時にUSBポートが2口ついた延長コードを持参して便利だなぁと思ってはいたのですが、その時に気づいたことが。
「充電ってUSBしか使わんやん。。USBポートだけ明らかに足りない。」
ということでアマゾンで物色していたら同時に4ポート充電できるUSBアダプタが売っていました。
これだと延長コードよりコンパクトだしUSB充電も十分に行えます!
かなり便利なので本当に買ってよかったです。

SwitchBot関連

スマート家電まとめはこちら(楽天)

スマート家電として売られていない家電など物理ボタンを押して制御するものであればSwitchBotを使って
スマート家電として使えるようになるという代物です。
こちらも別noteに詳しくまとめますが。

私が使用しているSwitchBotシリーズは
– Switch Bot(物理ボタン)
– Switch Bot plug(プラグにつなげるものの制御)
– Switch Bot hub mini(赤外線リモコンの制御・物理Switch Botのクラウドリンク)

以上のものを使って、部屋の照明のオン(形状のせいでオフは諦めました)、そしてヒーターのオンオフをアプリおよびスマートスピーカーを使って制御しています。

外出先から家電をつけたりタイマーでオンオフを制御できたり、声でオンオフを制御できるのでとても便利です!
全部合わせると1万円以上かな・・・お安くはありませんが生活は便利になりました。
買ってよかったですし、今後ともお世話になるつもりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました