【まとめ】1泊旅行(出張)荷物の中身の記録と反省会【パッキングミニマリスト】

旅行グッズ 雑記・レポート

1泊旅行の荷物の記録と荷物や準備に関する反省点を振り返ってみました。

旅行って、慣れていないと「あれ忘れた!」とか「これは使わない!」ということになりませんか?

実際の経験から今後の改善のためにも備忘録としてまとめることにしました。

人生ってこういう振り返りの連続

スポンサーリンク

1泊旅行パッキング荷物の中身

ざっくりいつものバッグ以外の「旅行用」に用意した荷物の中身はこちら

  • 衛生用品
  • スキンケア
  • ガジェット系
  • ブランケット(写真にはないです)
  • 便利な小物

荷物はまとめてメッシュ状の、洗濯ネットにもなるバッグに入れました。軽くて便利!

さらにこれをトートバッグに入れて荷物を運びました。

衛生用品

身だしなみや体調を整える最低限のアイテムです。

  • ポケットティッシュ
  • 生理用品(緊急用)
  • マスク
  • 洗顔ネット
  • 空のスプレーボトル

洗顔ネットとスプレーボトルは何かと便利なので絶対荷物に入れてます。(後述)

薬・ メガネ・コンタクト

持病があるので、常備薬は必須です。

メガネとコンタクトレンズも必要なので忘れずに持っていきます。

メガネは旅行バッグではなくいつものバッグに入れているので

旅行用バッグにはコンタクトレンズだけ多めに入れました。

健康で視力が良ければ荷物減るのにな~と思いました。

スキンケア

スキンケアは最低限で無印の小さいチューブを選びました。

  • クレンジングジェル
  • オールインワン美容液ジェル

と、余裕があればパックを日数分入れます。

無印の小さいチューブのスキンケアアイテムは、使いやすくてコスパが良いのでお気に入りです。

無印良品
¥391 (2022/12/07 23:08:41時点 Amazon調べ-詳細)
無印良品
¥267 (2022/12/07 23:08:41時点 Amazon調べ-詳細)

このままで十分コンパクトなので詰め替えたり小分けせずに持って行ったのですが、

持病で握力が弱いのでチューブの蓋を開けにくくて苦戦してしまったので開けやすい容器に詰め替えておけば良かったです。

また、洗顔はホテル常設のハンドソープで十分なので持参しません。

(洗顔ネットで泡立て必須!)

ガジェット系

ガジェット類が一番重くて大変でした。

  • USB~ACのアダプタ(4口)
  • ケーブル類
  • 小型ストレートアイロン

iPhone用のLightning、microUSBケーブル、Apple Watch用ケーブルとそれぞれ同時に充電できる口数が多いUSB-ACアダプタを入れました。

これだけで結構な重量なのですが、どれも捨てることは出来ないのでしょうがないですね。 

ヘアセットのために、小さい手のひらサイズのストレートアイロンも持参しました。

これはコードレスではないのでその分とても軽量です!

USB経由で給電できるのでとても便利なのです。

ヘアセットは軽いので前髪カーラーだけでもいいかな?とも思いましたが、

ストレートアイロンを使う方が短時間で簡単にセットが終わるので楽なのです。

これめっっちゃおすすめです!

ブランケット

ちょっとふかふかしたバスタオルやブランケットはあると便利です。

膝掛けにしたり、ホテルの枕が合わない時に枕の代わりに使ったり出来ます。

荷物は増えますが個人的にはメリットの方が多いです。

ストレートネックでホテルの枕は大体合わないので、ブランケットやタオルをくるくる包んで枕にすると眠りやすくなります。

睡眠は大事

便利な小物

フラットだけどボタンを止めることでトレーになるやつ!

とカラビナです。

ミニトレーは翌朝のメイク用品をまとめておくとスムーズで便利でした。

カラビナは何かと使うので入れてます。

また、ハンガーや洗濯バサミやステンレスピンチフックなどもあると便利です。

(今回は1泊で一人部屋だったので使用しませんでした。)

1泊なら服の着替えは不要

今回は1泊だけでしたので、翌日の着替えを用意せず2日連続で同じ服を着ました。

汚れとか臭いとか気にならない?

1日目の服は脱いだらファブリーズなど消臭スプレーをかけて干しておけば大丈夫です。

時間があるならいっそ手洗いして乾燥させてもいいかもしれないです。

  • 服の分荷物が増えること
  • 翌日も同じ服を着ること

どちらか天秤にかけて判断しましょう!

私は荷物が増える方が嫌なので連続で着用しました。

今は国内ならどこでも服が安いですし最悪現地で買えばいいんです。

1泊以上は服以外は大体同じ

今回は1泊2日の記録ではありますが、1泊以上・2泊以上でも基本的には同じ荷物の内容です。

2泊以上なら流石に服を追加しますね。その方が楽なので!

下着や靴下などの小さい衣類は2日目のものさえあれば手洗いと部屋干しの繰り返しでやりくりできますよ。

旅行に必須な意外なもの(何泊でも)

個人的に何泊であっても必要なもので、かつあまり荷物に持って行く人が少ないような

意外なものを紹介します。結構おすすめです。

  • 洗顔ネット
  • 空のスプレーボトル

まぁ、大したものじゃないですし、100均やドラッグストアで手に入るものですね。

洗顔ネット

当たり前ですが洗顔ネットはハンドソープやボディソープを泡立てるのが楽ちんになります。

ホテルのアメニティでは、ボディタオルが付属していないこともありますしあっても肌に合わないこともあります。

洗顔ネットで泡立てさえすればなんとでもなります!

もちろん洗顔時に、泡立てるのにも使います。

使い慣れていないソープでもちゃんと泡立てれば肌荒れなども起こしにくいです。

無印良品
¥309 (2022/12/07 23:08:42時点 Amazon調べ-詳細)

空のスプレーボトル

これも意外と便利なんですよ。

どんなスプレーボトルでも良いので小さいのでも大丈夫ですが、荷物のスペースが許すのならば「霧吹き」ぐらいのものが一番いいです。

寝起きの寝癖直しやヘアセット時に水を吹きかけるときに活躍します。

現地でスプレーボトルに水道水を入れるので荷物に入れるときは空のまま軽い状態でOKです。

面倒な行動に思いがちですが、この工程を丁寧にすることでトータルで時短で済んだりします。

また、メイクした後に定着させるために顔に吹きかけたり、ちょっとした服のシミ取りに使ったり

意外と使えるシーンが多いのです。

そしてどこにでも売ってるとはいえ、いざという時に手に入りにくかったりホテルで貸し出しや販売がされていないものなので持っていると便利!ということなんですよね。

反省点(あったら良かった・使わなかったもの)

旅行の反省点て何やねん?ですが、慣れていないのでいつもアレコレ後悔してしまいます。

次はバッチリ!にするために振り返ってみます。

あったら良かったもの

  • ゼノールやボルタレンゲルなどの痛みの塗り薬

持病のリウマチが旅行の時に限って変な位置に症状が出ます。

今回は湿布とリストバンドサポーターを用意していましたが、よりによって腕や手首ではなく「指」に症状が出たので、貼る湿布よりも塗り薬の方が使えたな~と思いました。

まぁこれは健康な人には不要なものですね。

  • スキンケアの容器

これも持病の症状のせいなのですが、無印のスキンケアの容器の蓋が握って回して開けるスクリュー型でしたので

ワンタッチで片手で開けられる容器に移し替えておけば楽だったな~と思いました。

特に入浴時や洗顔時は手が濡れていたりして普段以上に握力がなくなるので準備するに越したことはないですね!

(今回はホテルのアメニティのシャンプー類もスクリュー蓋で大変でした…)

旅行後で今更ですが、ちょうど無印の小分けチューブを持っていたので、残りのジェルを移し替えておきました。

これならワンタッチで片手で開けられる!

使わなかったもの

  • ファブリーズ

今回はホテルの部屋にいい香りの消臭スプレーがあったので、ファブリーズは使いませんでした。

大抵のホテルには消臭スプレーがついていますが、ない時もありわざわざ買うのも面倒なので少量でも毎回荷物には入れておきます。

ミニマリスト!トートバッグで旅行できる!

旅行の荷物は少なければ少ないほど、軽ければ軽いほど良いですね。

これがミニマリスト!

不要なものを削って、必要なものを揃えるというミニマリズムってこういうことなんですね。

これで普段のバッグとトートバッグだけで旅行できます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました