PRを含む場合があります

プログラミングスクールに通わず学習する方法とおすすめのWebサービス

独学プログラミング 制作・ハック

巷ではプログラミングスクールが人気ですが、学費が高額なので手が出にくいですよね。

プログラミングスクールに通わず効率よくプログラミングの学習をする方法はないのかどうか、自身の経験を踏まえて考えてみました。また、学習する上でおすすめのWebサービスも紹介します。

スポンサーリンク

きっかけは野田ゲー

M-1王者のマヂカルラブリーの野田さんが某プログラミングスクールのプロモーション記事でインタビューを受けていらっしゃって、とても興味深い内容で面白かったです。

私も昨年(2020年)のR-1の野田ゲーのネタや、最近の野田さんのご活躍を見ているとどんどん深みにハマってマヂラブ沼に入ってしまいそうです…

プログラミングスクールか独学か

私は現在WebデザイナーをしていてHTMLやCSSという言語が使えます。

フロントエンド周りは扱うので、JavascriptとPHPは必要最低限の少し触れる程度です。(ほぼコピペですが)

こちらのスキルに関しては、プログラミングスクールに通わず独学(?)で習得しています。

無料サービスを活用して習得

独学と言っても、現在は無料月1000円程度のサブスクでプログラミング言語の勉強ができるサービスがあるのでこれらを利用しながら実践していったという感じです。

まずはWebフロントエンド周りから

  • HTML
  • CSS

HTMLやCSSのWeb制作で使われる「フロントエンド」周りの言語をまず覚えることをおすすめします。フロントエンドはホームページの見た目を作るための言語で、比較的イメージしやすく習得も難しくありません。

何より、HTMLとCSSがわかるかどうかだけで就職(アルバイト)の選択肢が広がります。

スポンサーリンク

実践はなんと言っても現場が一番

勉強しながらアルバイト

Webサービスで勉強しながら、アルバイトでもいいので現場に入って働きながら実践で学んでいくのが一番近道かつお金が入ってくるのでおすすめです。

アルバイトなら、お時給は安くなってしまいますが、未経験でも雇ってもらえるところがありますし、向き不向きを判断して向いてなかったら辞めやすいという点でもおすすめです。

職務経歴書などでの実務経験年数はアルバイトでも書けると思いますので一つの選択肢としてアリです。

コツコツスキルアップ

アルバイトで実務経験を積んだら、就活をします。

そこから徐々に必要な言語を覚えるなりのスキルアップをして実践していくとプログラマーに近づけると思います。

私も現在その状態で、フロントエンドの知識を習得してWebデザイナーをしています。

JsやPHPを不自由なく扱えるようになることを目標にしつつ、他に興味がある言語を触ってみたりしようと思っています。

やはり、野田ゲーの影響でゲームを作りたいなと思ってきました。w

どの言語を覚えるべきか、というのは人によって・会社によって違うと思いますのでそこは柔軟に情報収集をしながら対応したら良いと思います。

私が使ったことのあるおすすめのWebサービス

Progate

  • 無料会員
  • プラス会員月額1,078円税込

こちらは無料で始められるプログラミング学習のWebサービスです。

PCブラウザとモバイルアプリどちらからでもできます。

キャラクターが登場したり、説明の画面もとてもわかりやすいので、プログラミングに興味がない人にでも暇な時にやってみたら?と思うぐらいにおすすめです。

最初の基礎的な部分は無料でできます。そこから発展した内容や全てのカリキュラムを学習するにはサブスク課金が必要です。

月額ですが、内容・カリキュラムの豊富さと使いやすさを考えればとても安いですね。

これを無料で始めてみて、向き不向きを判断することができるのも安さや手軽さ以外のメリットでもあります。

Schoo

  • 無料会員
  • プレミアム会員980円税込

動画配信系の学習サービスです。

毎日多くのジャンルの授業が無料生配信で見ることができます。

プログラミング系・デザイン系の授業もありますが、別のジャンル(金融系とか生活の知恵とかメイクアップ系まで)も豊富にあるので面白いです。

こちらも有料のサブスクに課金をすることでアーカイブ配信がいつでも見れるようになったりできます。

家でボーッとテレビを見るぐらいならSchooの授業動画を見る方がいいと思います。

プログラミング系の授業では、画面を見ながら講師の先生が教えてくれるので制作イメージがつきやすいですよ。

授業を見ながらつまづいた時に、生放送だと停止や巻き戻しができないので、有料会員になった方が学習しやすいです。

書籍は辞書代わりに

メジャーな勉強法として「本を読む」というのがありますが、私は読書が苦手(というか読書のための時間を作るのが苦手)なので書籍は辞書代わりに使っていました。

買った本はまず目次をちゃんと読んで、「何が書かれている本」かを見ます。

その後は実践中につまづいたり気になるところがあったら本を見て確認する、ということをしていました。

それでもわからなかったらググったり、誰かに聞いたりという感じです。

プログラミングスクールに通わず学習・習得はできる

プログラミングスクールはちゃんとした先生について勉強ができたり、質問できたり、仲間がいたりとメリットが多いと思いますが、やはり学費が高額なのでお金に余裕のある人は入学したら良いと思います。

ただ個人的にはローンを組んだり、苦しい思いをしてまでは入学しなくてもいいんじゃないかなと思います。

上記で紹介したように、今は月1000円程度で勉強できる便利でありがたいサービスがあるのでまずはそれを利用して向き不向きを判断しながら体験してみるというのがおすすめです。

それで楽しい!と思うのなら突き詰めて勉強していけますし、勉強しながら何かポートフォリオとして作品を作ればその時点で就活することもできると思います。

私もバリバリ経験値のプログラマーではないので偉そうなことは言えませんが、高い学費を払ってプログラミングスクールに入らなくても、こういう便利なサービスありますよー方法ありますよーということが伝わっていればとても幸いです。

今年は何かゲームでも作れたらいいなー。

新しい言語覚えるのは大変なのでフロントエンド周り(これもざっくりやな)で使えるWebブラウザメインの何かなら作れそうかなー。

なんてぼんやり考えてます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました