ワンストップ特例制度の書類が自治体から届いたよ

ズボラゆるライフ

先日初めて利用した楽天のふるさと納税で、自治体からワンストップ特例制度の書類が届いたので記録します。

私が利用した自治体からはこのような封筒で届きました。

ワンストップ特例制度の書類
スポンサーリンク

ワンストップ特例制度書類内容

  • ワンストップ特例申請書(提出するやつ)
  • 封筒(提出する時に入れるやつ切手不要)
  • 寄附金受領証明書(確定申告する人がいるやつ)
  • それと、上記の説明が書かれた紙です。

自分で記入する箇所

届いたものを確認したら自分がやらないといけないことは

ワンストップ特例申請書を記入することです。

名前や住所などは既に印字されていたので、私の場合は自分で記入しないといけないところはマイナンバー(個人番号)とチェック欄です。

ワンストップ特例制度の書類

チェック欄は2箇所あり、チェックしないとワンストップ特例を受けられないので、2箇所ともチェック✅を書きます。

個人番号(マイナンバー)は自分のマイナンバーを記入するだけですね。

また、名前の横に押印のスペースがあるので忘れずに押印をしましょう。(これ忘れそう!)

添付書類

そして本人確認書類のコピーを貼り付けます。

私の場合はマイナンバーカードを持っているのでマイナンバーカード の両面をコピーして貼り付けました。

マイナンバーカードを持っていない人は通知カードかマイナンバー表記ありの住民票、さらに免許証や保険証などのコピーが必要になるみたいです。

いずれにしてもマイナンバーカードを作っておくと楽だったので、まだ作っていない人は申請だけでも早くやっておくことをおすすめします。(発行に時間がかかるので!)

付属の封筒に入れて送る

返送用の切手が不要な封筒が入っているので、それに記入したワンストップ特例申請書を入れます。

私が利用した自治体では、A4用紙を折って作る封筒でした。ペーパークラフトみたいで面白かったです。

添付書類を貼る時や、封筒を閉じる時にはテープのりを使うと楽チンでした!

後はポストに入れるだけ

中身を確認して封筒の準備ができたら、後はポストに投函するだけです!

本人確認書類のコピーなどは少し手間でしたが、利用者になるべく手間をかけさせないような工夫がされていてとても簡単でした!

シンプルでありがたいです。

ふるさと納税って、意外と簡単だなぁとわかったのでどんどん利用して欲しいなと思いました。

以前に書いたふるさと納税の記事もぜひご覧ください。

これを書いている今日、返礼品のいくらが出荷されたと連絡があったので届くのがとても楽しみです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました