記事にプロモーションが含まれています

アイドルの握手会で学ぶコミュニケーション

雑記・レポート
スポンサーリンク

印象について

10年間近くアイドルの握手会に(年3〜4回)通っていた私が感じた対応の印象です。

神対応 好印象だった対応

  • 立っていて顔を近づける
  • ファーストコンタクトで嬉しそうな顔
  • 表情が豊か
  • 聞こえやすい声
  • 握力
  • 会話
  • 記憶力
  • 褒めてくれる
  • 待たせていたら小走りで持ち場へ来る
  • 顔が綺麗
  • エネルギッシュ

好印象のメンバーが良すぎて、比較して他が普通・もしくは悪く感じることはあると思いますが、正直な印象として上のようにあげました。
ですが、悪印象だからといって推しの時間をいただいているという点では満足なので後悔や嫌悪感というものはないです。「嫌だったなー」というよりは、「しんどいよねーわかるー」という気持ちです。

神対応が凄すぎる

今回は対応を比較するという話ではなく、好印象の対応いわゆる「神対応」と言われる対応のメンバーがすごすぎる。そこから学ぶことがたくさんあるなぁという話です。
私の推しは山本彩さんです。元NMB48のメンバーで、多くの人に知られている人気メンバーです。
大阪なので握手会参加経験のほとんどは山本彩さんで、他はNMBメンバーやAKBメンバーや渡辺麻友さんと握手をしてきました。
ご存知の方も多いかもしれませんが、山本彩さんは「神対応」で彼女と握手をした人で嫌な思いをした人は一人もいないんじゃないかと思えるほどの対応の良さです。

覚えてもらえること

上記に挙げたようなコミュニケーションテクニックが優れていて、そして何よりも感動するのはその記憶力です。
私は年に数回しか握手会には参加しないのですが、その数回を重ねていくと初参加から1年も経たないうちに顔を覚えてくれ、半年ぶりなど期間を空けていくと「久しぶり」と言ってくれます。一番驚いたのは私が髪にインナーカラーという目立たない染髪をした時にも気づいてくれたことです。
握手会というのは1回たった10秒ほどなのですが、その10秒で一体どれだけ神経を使っているのか。超人か。とまで思いました。
普段の会話の中で「この話前にもしたよな・・・」と不快というほどではなくてもなんとなく居心地が悪くなったことがある人は少なくないと思います。
覚えてもらえることがこんなにも相手の気分を良くするものなのかと教えてもらいました。

表情の大切さ

ファーストコンタクトから最後の別れる瞬間まで、表情豊かでいてくれると嬉しくなります。
また、表情やリアクションによっては会話が「弾むか弾まないか」まで左右します。
それは会話の内容が「好きか嫌いか」「知っているか知らないか」が問題ではないということを気付かされます。
知っている話題だと嬉しそうな表情でテンションを高く、知らない話題だと好奇心旺盛な表情をします。
これだとどんな内容の会話であろうと盛り上がりますよね。本当勉強になります。
そして笑顔は伝染するという話もあるぐらい、笑顔は広まります。
コミュニケーションにおいて表情はとても重要だとわかりました。

誰にでもできることではない、だからこそやる

アイドル本人の性格もあると思いますが、おそらく来て貰った人に満足して帰って欲しいというサービス精神から、このような対応を意識的に考えてしているのだと思います。
こんなに彼女からたくさんのことを教えてもらって、気分を良くしてもらっているのに、私に至っては真逆の性格で声は小さいし表情は硬い。誰にとっても気持ちの良いコミュニケーションを取りたいと思ってもそう簡単にできるものではないのだとわかりました。
これは日常生活やビジネスにもつながることだと思います。手先の技術だけでは上には行けない。
やはり上に立つ人はコミュニケーションが気持ちよかったり気配りができる人が多いです。
私もアイドルから学んだ神対応を意識して少しでも気持ちよくコミュニケーションが取れるように努力したいと思います。(難しい・・・)
山本彩さんの神対応ぶりについてはもっと語りたいのですが、それはまたの機会に・・・!

コメント

タイトルとURLをコピーしました