テレワーク環境を快適にしたモノたち

telework ガジェット・家電

4月からけっこう突然にテレワークが始まりました。
自宅にパソコンとWiFi環境があれば一応できるので、はじめはリモートデスクトップなどの接続確認をしたり自宅PCにAdobeソフトを入れるためにアカウント追い出ししたりしたぐらいでした。

作業は完全に自宅PCで、会社内システム閲覧やFTP使用アップ作業のみ会社PCをリモートデスクトップ接続で。という流れでした。

この機会に初めてchromeリモートデスクトップを知ったのですがめちゃくちゃ便利ですね!ハイテク〜〜

画像1

そんな感じで、ちゃんとした準備期間などがなかったのでテレワーク開始してからこまごまと準備していきました。

スポンサーリンク

インフラ面

これはたまたま最近買っていたものがちょうどよかったので良かったです。
テレワーク需要で買ったあとに値上げされたり在庫切れになっていました。
高さ調節と角度調整ができるものです。広くはありませんが狭い部屋にちょうどいい大きさでした。

椅子

元々部屋でPCをいじるときはベッドを椅子代わりにしていたため早々に椅子は必要になりました。
しかし部屋も狭く机が小さめなためそれに合うものを探しました。小ぶりで座り心地が良い可愛い物が見つかり良かったです。

パソコン台

スチールラックを使用してパソコン台を作りました。
スチールラックは棚板が追加できたり好きな高さに置けるので整理整頓面でもよかったです。

MacBookをクラムシェルモードにする時に下にしまい込んだり、モニターの高さを出すために机上台も買いました。

デスクライト

テレビ会議時に顔を照らすためにも必要なライト
モニターに設置するタイプを新たに買いました。
角度調整や明るさ調整もできるし省スペースなので買ってよかったです。

ハード面

PC

iMac2013→MacBookAir2018
メモリ8GB→16GB

元々のiMacでも作業はできなくはなかったのですがAdobe系ソフトを使用するとすぐメモリが一杯になるので常にアクティビティモニタをチェックしたりしてカツかつで作業をしていました。
古いせいもあってか、テレワーク期間の間のGW中に突然フリーズからの起動しない(リンゴマークループ)という最期を迎えることになりました。
幸い休み中に新しいMacBookを手配できたので業務に支障は出なかったです。むしろ新しくなってサクサクに!

サブモニター

これは最初はPCがiMacだったのでサブで古いiPadをサブモニターにしていました。
現在のMacBookの13インチとiPadでは狭すぎるので家にある20インチほどのモニターに繋げることになりました。弟からもらっ…借りたのでお金がかかりませんでした。
iPadをサブモニターにしていたときは「DuetDisplay」というアプリを使用していました。
現在はMacBookと20インチモニターをHDMIで繋げています。

マウス

エレコムの大きいやつを愛用しています。
しかしたまにフリーズをするのが難点。

周辺機器

MacBookとモニターをつなげるため、そしてUSBタイプC初体験のため端子を変換して使わないといけない、ということで三種類の端子があるこちらを使いました。本当はアップル純正のが欲しいけど、高い。

マイク/スピーカー

テレビ会議用にあった方がいいかもしれませんが、自分が用意したものよりMacBook内蔵のマイクの方が性能が良かったです・・・

Webカメラ

こちらもMacBook内蔵のもので問題なしでした。何ならもっと画質低くて画角狭くして欲しい。部屋も顔のアラも全部写っている。(気がする)

→→ おすすめ商品まとめはこちら

テレワーク中あってよかった、やってよかったこと

Google Home

ラジオや音楽を聴いたり、家電を操作したり。
やっぱり声だけで操作できるのは便利!音楽も適当に好きな感じのをチョイスしてくれたりして、良い。

ラジオ体操・エクササイズ

YouTubeでラジオ体操や簡単なエクササイズ動画を見て運動不足解消をしていました。
効果は未知数ですが、テレワーク中だからこそできたことで楽しんでできています。

テレワークで感じたメリット・デメリット

メリット

周りに人がいない、静かな環境でできるので集中できる!
好きなタイミングでトイレに行ける!
快適な環境にいじり放題!
終業後すぐ自由時間!最高

デメリット

PCやネット環境が悪いと仕事にならない、ぐらい
ほぼデメリットなし!最高

以上、テレワークで準備したことのまとめでした!
テレワーク最高なので続けたいんですが・・・無理そうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました